FC2ブログ
コンテントヘッダー

18歳専門学校生

ご無沙汰しております。
久しぶりにレポートを書きますね。

今回は、名古屋で18歳の専門学校生にご奉仕させていただきました。
最近出張や、個人的な移動が多いので、絶好の遠征日和です。しかしながら、依頼してくれる方が少ないのが難点・・・
あと、ほんとに若い方からの連絡が多いです。ほぼ10代、いっても20代前半。
初々しい反応をしていただける方が私はいいので、うれしいのですけど、不思議ですね。
あ。10代といっても必ず18歳以上の方ですからねw

まずは、待ち合わせから。
私は、時間ぴったりに到着。そこから少し待つと彼女が到着。
かなり小柄(150cmぐらい?)な女性で、ものすごい可愛い方。かなり緊張されているようでした。
まあ、今回は初めての連絡をいただいてから、1週間そこそこで会うことになったので、緊張するのも仕方なしといったところでしょうか。

早速移動することにします。
少し待ち合わせ場所から徒歩で移動し、予約していたシティホテルに向かいます。


ホテルに到着後は、少し雑談。
30分ぐらい話したでしょうか、少しずつ彼女も緊張がほどけてきた感じ、
そのタイミングを計らってシャワーにいってもらいます。

けど、今回は少し彼女にはがんばってもらうことにします。
シャワーを浴びてもらった後、私服ではなく、コスプレをしてもらいます。
そのコスプレは、前もってのメールで決めた、彼女の高校時代の制服、かさばるのに持ってきてもらいました。
あと、制服を着ただけでは、彼女はそれほど興奮することはない・・・ような気がしたのでアイマスクで目隠しをしてもらいます。

シャワーから出てきた彼女、制服姿です。かわいい・・・

それに代わり、私もシャワーに。
けど、その間、制服を着て目かくしをして、じっと待機するのも変なので
「シャワーからあがるまで、ベットでオナニーしててください」と頼んでみました。

「え?はずかしい・・・」

そらそうでしょうw
けど拒否はされなかったので、やっててくれるということでしょう。
わくわく


シャワーの後、わくわくしながら彼女を見ると・・・

目隠しをした制服姿の彼女が、あそこを触っています・・・
触るといっても、声を出すぐらい触っているわけではなく、モジモジした感じ。


ではでは、変則的ではありますが、攻めさせていただきます。



まずは、布団をはがし、ほっぺや、手、足などにキスをします。

「はぁ・・・」

目隠し効果や、触っていたおかげか、感じているまではなくても、既に興奮モードの模様です。
数十分前までは、恥ずかしがって口数が少なかった子とは思えませんw


その後、太もも、膝をそーっと舐めます。

「あっ


特に、膝が感じるようですので、膝を中心に足を全体的に舐めていきます。


「はぁはぁんっんっ


声は小さいながらも間違いなく感じています。これはこれからが期待できそうです。


その後、首筋、耳などに息を吹きかけたり、足を重点的に舐めたり。


「あっあっ


制服を少し脱がせて、おなかや、胸を舐めます。まだ乳首はやめておく。


「んんっ



彼女も恥ずかしながらもすこしずつ大胆に。

はじめは、モジモジしながらも、スカートの中は見えないような足のポジションでしたが、
いつのまにか、足が開いてきていて、パンツが丸見えになってきています。

しかも、そのパンツ付近からは、モワっとした女性独特の香りが漂ってきます。
間違いなく、相当濡れているようです。


けど、まだ、あそこは舐めるわけにはいきませんw


次は、ブラを外し、胸を重点的に、とうとう乳首も舐めていきます。


「ああーハァァァァー


今日一番の彼女の大きい声でした。
すっごい我慢してたんだなーって感じの声。

ではでは、さすがにこれ以上我慢してもらうのも申し訳ないので、あそこに移動します。


パンツを脱がせます。
もう彼女はいやがりません。「早く次を・・・」という感じ。
けど、さすがに恥ずかしいのか、足は閉じています。


そこで、特殊兵器です。
手首と足をマジックテープで固定してしまいます。
これで足は開きっぱなしですw


さてさて、よく見えるようになったあそこをじっくり見させていただきます。


すごい・・・


ベットベトです。正直言って、こんなに濡れたあそこは初めて見ました。
ごめんなさい、クンニというか、挿入したらどうなるんだろう・・・と思ってしまいましたw
このブログを見ている皆様は、想像していただくしかないですが、きっと想像以上だと思います。



では、足の付け根や、あそことお尻の穴の間を舐めたり、あそこに息を吹きかけたり。


「アァァーんんっはぁはぁ


さらにどんどん濡れてきているのがわかります。もうあそこの表面に留まれなくなったお汁は、お尻の穴の方に流れていっています。



ではでは!


あそこを重点的に舐めます。
クリ、穴、をゆっくりじっくり舐め続けます。


「あぁぁーーーーーハァーーーーー


ガクガクしてます。すっごいです。



さらに、あそこに指を入れながら、クリを舐めます。
あそこは、指一本でも締め付けが強く、きゅーっと締め付けられます。


「ああぁぁーーきもちいいぃーー

「はぁはぁーあっあっ


「ダメーーいくぅーー


あらあら、早々にイッてしまいましたw
もう彼女は息が上がって、ぜえぜえって感じ。


1回戦終わった後、少し、休憩。
彼女に感想を聞いてみると、

「ここまで激しいとは・・・」



その後、2回戦。

今度は、はじめからあそこを重点的に舐めました。


そんなに時間をかけなかったけど



「あああーぁぁーーイクぅーーーー



あらあら、2回目も。。。

喜んでいただけたようです。
というか、今回は私も相当楽しかったです。



その後、お返しということでフェラをしていただきました。
ゆっくりと、奥まで舐める感じの、私が好きなフェラをしていただき、フィニッシュ。
あれ?フェラは結構経験があるような気がしたのは私だけでしょうか。
正直うまかったかもw



さてさて、久しぶりのレポートもここでおしまい。
ご依頼はいつでも受け付けていますよ^^

tg201@hotmail.co.jp
まで^^
プロフィール

tg201

Author:tg201
○住まい:東北南部
○年齢:20代後半に突入
○血液型:A型
○体系:普通
○性格:やさしい…と自分では思っている
○趣味:クンニと言いたいがめったにお相手は見つかっていない
→その他知りたいことがあればご連絡ください^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR